FC2ブログ

にこにこ ニュース・芸能

日々のニュースや芸能関連の情報を掲載していきます。

 
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オウム真理教による一連の事件で殺人罪

裁判の結審までは、長すぎますね。
死刑ではなく,何か罪を償わさせる方法
というものがないのでしょうか。

オウム真理教による一連の事件で殺人罪などに問われ、
死刑が確定した元代表松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚の
再審請求について、最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)は
13日付で、請求を退けた東京高裁決定に対する
松本死刑囚側の特別抗告を棄却する決定をし、
これにより、再審を認めない判断が確定したそうです。

松本死刑囚側は、地下鉄サリン事件での同死刑囚の
指示を否定した元幹部遠藤誠一被告の公判供述を新証拠として、
2008年11月に再審請求していたが、東京地裁は昨年3月、
遠藤被告の供述を裏付ける証拠はないとして請求を棄却、
東京高裁も松本死刑囚側の即時抗告を退けていたとのこと。

死刑確定してから、もう何年の歳月が経ったでしょうか。
日本は死刑確定から執行までの時間が長すぎると思います。
収監されている囚人たちの衣食住費は国の税金で
賄われているわけですし、辛辣ではありますが、
こういうところも無駄遣いと呼べるのでは?

死刑確定した囚人にとっても、死刑執行の時を
待つ時間が苦痛だと聞きます。
その苦痛は味わって当然のものなのでしょうが、
しかし死刑執行を先延ばしにする意味がわかりません。
被害者や遺族のためにも、早期執行を望みます。

被害者には,賠償をしてほしいですね。
関連記事

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : オウム真理教

   
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング




  • seo


RSS新着情報

人気ブログランキングへ

ブログランキング

ブログランキング

ビジネスブログランキング
くる天 人気ブログランキング
ブログ王

My Yahoo!に追加
QRコード
QRコード
タグリスト TOP20
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。